「除染」関連の記事

大雪緊急対策

あまりにも緊急過ぎてこんなことしかできませんが、 コメント欄を自由に使ってください。 支援が必要な方 こちらに

北海道・九州・沖縄の土壌調査結果

北海道・九州・沖縄の土壌調査結果

西日本土壌調査結果 第1弾

西日本土壌調査結果

首都圏土壌調査結果MAP

首都圏土壌調査結果MAP

首都圏土壌調査結果

首都圏土壌調査結果

あまりにも、ふざけた「女性手帳」導入と「子宮頸がん予防ワクチン」の抱き合わせ。あなたはどう思いますか?

ネットはもちろん、各種の新聞・テレビを静かに賑わしている「女性手帳」問題ですが、政府はかなり前向きなようです。

引用 日本経済新聞より 内閣府の「少子化危機突破タスクフォース(作業部会)」は7日、妊娠や出産に関する知識や支援策を記した「生命(いのち)と女性の手帳(仮称)」を作成する方針を決めた。2013年度中に内容を詰め、14年度から市町村で若い女性に配る。晩婚・晩産化に歯止めをかける狙い。ほかの妊娠・出産支援や結婚支援の施策とともに5月下旬にも開く政府の会議に報告する。

 具体的な中身は、内閣府と厚生労働省、文部科学省が今夏をメドに設ける検討会議で詰める。妊娠した女性に配る「母子手帳」にならい、妊娠適齢期などの必要知識や自治体の支援施策を記した部分と、所持者が健康データを記録できる部分との2部構成を想定する。紙媒体だけでなく、スマートフォンのアプリなどでの提供も検討する。

チェルノブイリ事故の2年後、4年後から見える日本の将来 – 増え続ける生活不安と放射能障害!-

042

福島第一原発事故からまもなく2年。事故直後に比べ放射能の影響を心配する声は下火になってきたように感じます。反対に恐れていた様々な健康被害(症状)があらわれてきて、なんとなく体の不調を感じたり、物忘れや無気力などの精神面での問題を訴える人が増えてきているように思います。わたしたちの健康、そして生活はこれから先どうなるのでしょうか?

手抜き除染 ‐ 環境省が認定、処分はしたけれど…わたしたちの周りは大丈夫?!

cleaning_a18

1月18日付けの朝日新聞デジタルによりますと、福島第一原発周辺の国直轄の除染で手抜きが横行している問題で、環境

警鐘!! 放射能の影響 ‐ ガンより怖い脳障害!!

IMGP7041

原発事故直後に比べ、放射能による健康被害について心配したり、深く考えるのをやめてしまった人たち、 みなさんの周

 放射能から体を守る食事 6つのポイント!! - 出来ることをがんばりましょう!!

放射能から体を守るため、安心して食べられるものを日々探し求める生活…本当に辛いですね。さまざまな情報が飛び交う