「被ばく隠し」関連の記事

原発がなくなれば自然は蘇えります! 去年の9月に川内原発が止まり、羽島の海に魚が帰ってきました。ちりめんの漁獲が6倍に帰ってきました。

「若狭湾の原発による環境破壊が原発の稼働停止によって明白になった。-若狭湾-」を先日ご紹介しましたが、その時頂いたツイートで気になることがありました。
去年の9月に川内原発が止まったときのことですが、、羽島の海に魚が帰ってきました。ちりめんの漁獲が前年の2800万から1億1000万、6倍に帰ってきましたということです

空間線量で危険度を測るのはごまかし!! 「やきいもで分かる放射能の本当の怖さ」

0.45

 内部被ばくを考える市民研究会によりますと、さいたま市の落ち葉を放射線量計(ガイガー)とNaIシンチレーション式検出器の両方で、汚染の
 度合いを調査したところ、驚くべき結果がでたそうです。
 大きなビニール袋に入れた落ち葉の上にガイガーを乗せて測ると0.26マイクロシーベルト/時、時には0.45マイクロシーベルト/時を表示し
 ます。あまりにすごい数値にびっくりします!

【被ばく隠し】福島第一原発作業員に鉛のカバーで覆った線量計で偽装。

•Ÿ“‡‘æ‚PŒ´”­‚S†‹@

毎日新聞(7月21日)によりますと、福島第一原発の復旧工事を行なっている東電グループ会社「東京エネシス」の下請

【福島第一原発】事故が多発する福島第一原発4号機で始まる「最も危険な作業」

明日、7月18日に福島第一原発4号機の燃料棒の取り出し作業をおこなうようです。 現在の4号機は屋根の無いむき出