「放射能汚染」関連の記事

参院選に投票を!

東京電力福島第1原発事故の発生当時、現場で事故収束作業の陣頭指揮をとった吉田昌郎元所長が2013年7月、食道が

チェルノブイリ事故の2年後、4年後から見える日本の将来 – 増え続ける生活不安と放射能障害!-

042

福島第一原発事故からまもなく2年。事故直後に比べ放射能の影響を心配する声は下火になってきたように感じます。反対に恐れていた様々な健康被害(症状)があらわれてきて、なんとなく体の不調を感じたり、物忘れや無気力などの精神面での問題を訴える人が増えてきているように思います。わたしたちの健康、そして生活はこれから先どうなるのでしょうか?

警鐘!! 放射能の影響 ‐ ガンより怖い脳障害!!

IMGP7041

原発事故直後に比べ、放射能による健康被害について心配したり、深く考えるのをやめてしまった人たち、 みなさんの周

【放射能汚染】東京はもちろんですが、汚染が全国に広げられています!瓦礫拡散、原発反対です!

kagosima

「少しでも安全な所で生活したい」という思いで、原発事故以降大切なものを犠牲にして引越し(避難)された方がたくさんいらっしゃることと思います。それなのに…9月19日のツイッターで衝撃的な事実が明かされていました!

知らなかった!!3月15日に関東にいた人は、こんなに放射能を吸っていた?!

福島原発1号機が爆発した3月12日から3月17日までの間、どれほどの放射性物質が降下していたかご存知でしょうか?

実は、文科省が「毎日放射性投下物を測定するように」との通達を出したのは3月18日であり、それまでは各都道府県では測定しておらず、3月12日から17日までのデータは存在しないということのようです。

【放射能汚染】もう日本の海はおしまい?!日本海側海底から放射性セシウム!!

9月11日付けの朝日新聞デジタルによりますと、東京電力福島第一原発から200キロ離れた日本海側の新潟県・信濃川河口の海底土にも、放射性セシウムが積もっていることが近畿大などの調査でわかったと報じています。 

【修学旅行】やめてください!福島県への修学旅行誘致!!

koutyoukai

9月4日付けのNHK首都圏のニュースによりますと、原発事故以来、修学旅行・合宿などで福島県を訪れる生徒が大幅に減っているため、福島県は関東地方の学校を中心に子どもたちの旅行を誘致する取り組みを始めたと伝えています。

【放射能汚染・食事】日本の食品は本当に大丈夫?-世界中で日本の食品が輸入禁止措置!!

20120901-1

原発事故から1年半。日本国内では、食品の放射能による影響についての報道は一時期よりも下火になり、もう心配はなくなったかのようなイメージを与えています。- 本当に食品の放射能汚染の危険は去ったのでしょうか?

【内部被ばく】内部被ばく196.5ベクレル/kgも! 南相馬市の病院が発表

税金と保険の情報サイトによりますと、南相馬市立総合病院でおこなわれた内部被ばく検査の結果が15日、アメリカの医学誌に掲載された。子どもの16.4%、大人の37.8%から検出限界値をこえるセシウムが検出されたとのことです。
驚くべきことに内部被ばく196.5ベクレル/Kgも検出されたそうです。

【放射能汚染】「最終処分場候補地に南大隅町が浮上」を阻止しよう!

福島の原発事故で放射性物質に汚染された土などを捨てる最終処分場の有力候補地がついに判明しました。政府はこれまで、最終処分場は福島県外に作るとしてきましたが、有力­候補地として浮上したのは鹿児島県南大隈町の山林であることが、JNNの取材でわかりました。政府はすでに水面下で町の関係者に接触しているということです。