HOME > > 放射能被爆, 福島県, 被ばく隠し >

【被ばく隠し】福島第一原発作業員に鉛のカバーで覆った線量計で偽装。

毎日新聞(7月21日)によりますと、福島第一原発の復旧工事を行なっている東電グループ会社「東京エネシス」の下請け会社「ビルトアップ」の作業員が昨年12月 放射線の線量計を鉛のカバーで覆い、作業にあたっていたことが発覚したとのことです。

ニュースはこちら

「ビルドアップ」の役員は、「被ばく低減の措置をしようと思った。」と話しています。鉛のカバーをすれば、線量計の音はおさまり、数値は下がります。でも、作業員の方々が大量に被ばくしていることに変わりはありません。当時作業していた9名の方は半年たった今、どうしておられるのでしょう。体調の変化を経験しておられるのではないかと胸が痛みます。

原発事故の早期収束はだれもが望むことですがそのために何も知らされず(立場上、拒むことのできない人々が)犠牲になるということは絶対に許しては行けないと思います。

この被ばく隠しで一番悪いのは誰だと思いますか?(複数回答OK)

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

もし、あなたの家族が作業員として派遣されるとしたらどうしますか?

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

One Response to 【被ばく隠し】福島第一原発作業員に鉛のカバーで覆った線量計で偽装。

  1. twitter より:

    報道にあった会社の経歴。http://www.build-up.co.jp/history.html まるで原子力ムラの縮図。「以前に問題ありましたがもう大丈夫です、安心して働けます」その準備ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事