HOME > > 放射能検査, 放射能汚染 >

【放射能汚染】東京はもちろんですが、汚染が全国に広げられています!瓦礫拡散、原発反対です!

「少しでも安全な所で生活したい」という思いで、原発事故以降大切なものを犠牲にして引越し(避難)された方がたくさんいらっしゃることと思います。それなのに…9月19日のツイッターで衝撃的な事実が明かされていました!

福島から遠く離れた九州・鹿児島県で、まさかの放射能の数値がでています!自宅で窓を開け放ち、風が吹き込んだときに測定したところ、0.221マイクロシーベルトの表示が!!(測定器はインスペクタープラス。室内は基本的には0.008から0.1前半とのこと。)

 

いったいどういうことなのでしょう?やはり瓦礫焼却のせいでしょうか?我が家では北九州で瓦礫受け入れということがあっても、「九州も南の方はまだ大丈夫」と思い、野菜などは宮崎・鹿児島・熊本産のものを探して購入していたのに…瓦礫の問題が解決しない限り、日本中どこに行っても放射能の危険と背中合わせということなのでしょう。

もう1つ、信じられないことが起きていました!! 9月13日のEX‐SKF‐JPのブログで、東京都がすでに放射能汚泥・焼却灰を海面投棄していたことを地図・図解付きで述べています。東京都の焼却灰の放射能は、軽く8000ベクレルを超えており、埋立地で測った空間放射線量は放射線管理区域より高い地点もあるそうです!そのような事実を知っている人がいったいどれほどいるのでしょう?恐ろしいことです。

放射能汚泥や瓦礫をどのように処理すれば良いのか素人の私にはわかりませんが、日本中にばらまくことが良いはずはありません。被害を最小限にとどめる処理方法を1日でも早く見つけてくれることを願うばかりです。

 

あなたが高濃度汚染地域に住んでいる人に、避難後の生活も考えた上で勧めることのできる場所はどこですか?

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事