HOME > > 内部被ばく, 放射能汚染 >

知らなかった!!3月15日に関東にいた人は、こんなに放射能を吸っていた?!

福島原発1号機が爆発した3月12日から3月17日までの間、どれほどの放射性物質が降下していたかご存知でしょうか?

実は、文科省が「毎日放射性投下物を測定するように」との通達を出したのは3月18日であり、それまでは各都道府県では測定しておらず、3月12日から17日までのデータは存在しないということのようです。

そんな中、茨城県つくば市にある産業総合技術研究所つくばセンターでは、2011年3月15日から4月8日まで、毎日1時間1m×1.5mのビニールシートに落ちた放射性物質の濃度を測っていました。

その数値から考えると、2011年3月15日の9:20~10:20にはつくば周辺の人々は、ヨウ素131をたった1時間だけで124ベクレル吸っていたことになります。さらにヨウ素132、ヨウ素133も大量に出ていたので、この時間放射性ヨウ素だけで大人なら178ベクレル、また子どもが吸う空気の量が大人の7割と考えると、子どもは124ベクレルを1時間に吸ったことになります。

これほど多量の放射性物質を何も知らずに吸っていたことを後になって知らされるとは…言葉もありません。(このような現実を知っているのは、ほんの一握りのひとであることを考えると恐ろしいです。)

放射線の影響には非常に大きな個人差があり、ある人には大丈夫でもある人には深刻な健康被害をもたらすことがあります。3月15日に関東にいた人は多かれ少なかれリスクを負っています。今は各都道府県で測定しデータを公表していますが、受け止め方は様々です。これ以上被ばくすることがないよう、今後食べ物同様、空気による被ばくにもいっそう注意していかなければいけないですね。 

http://www.aist.go.jp/taisaku/ja/measurement/index.html

2011年3月15日に関東地方にいた人たちはどのくらいの放射能を吸っていたか?

 

 

 

あなたは空気による被ばくを防ぐために、どのような対策を講じていますか?(複数回答可)

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

4 Responses to 知らなかった!!3月15日に関東にいた人は、こんなに放射能を吸っていた?!

  1. 深井 弘子 より:

    2011年3月15日、どんな後悔してもしきれません。よりによってその日に2人の娘を大阪に向かわせてしまいました。しかも余裕をもって新幹線に乗れるように、無駄に早く家を出してしまい、結局、新幹線に乗るまで3時間以上外に居させてしまいました。様々な健康不安があり、時間を戻せたらどんなに良いかと思う毎日です。なんで屋内退避を呼び掛けてくれなかったのか!!腹立たしさでいっぱいです。あの時は、余震の心配と計画停電一色でした。

  2. 神奈川 より:

    去年の3月15日・・・不安で押しつぶされそうになりながら朝を迎え、どうして学校は休みにならないの、と疑問を持ちながら、あれよあれよと登校班が出発する時間になり。送り出してしまった・・・・

    今でも自分の疑問を信じて休ませるべきだったと、後悔ばかりです。

    娘は一番線量の高かった昼前に、2時間も校庭で体育をしていました。

    悲しくて、悔しくて、今でも思い出すと涙が出ます。これから何かが起こったときに、きっと自分を責めるでしょう。

    ナゼ、学校は休みにしてくれなかったのか。できるだけ屋内退避、くらいのことを専門家も政府も呼びかけてくれなかったのか。

  3. 2児のママ より:

    私も15日午前中、赤ちゃんを抱っこ紐で抱えて銀行に出かけました。
    赤ちゃんなので、マスクも出来ず・・翌日避難するための現金を引き下ろしに出かけたのですが
    よりにもよってその時間外出したことが悔やまれます。

  4. 護りたいママ より:

    私も15日から今日に至るまでずっと不安です。
    妊娠中~後期だった私は、避難する為に早朝、習志野市の自宅からタクシーで羽田空港行きのバス停まで移動。駅からバスにてアクアライン経由で羽田空港に10時40分出発まで空港にいました。

    あの日は風が強くて、移動中マスクが外れそうになり、何度か直接習志野でも羽田でも風を吸い込んでしまったこと(ホットパーティクルじゃないといいのですが)。
    15日の線量が高い時間に外にいたことを後悔しています。

    用心の為、生まれた我が子にはほぼ震災前の粉ミルクしか与えませんでしたし、
    運よく転勤になった為今は西に住んでいますが、その時おなかにいた子に今後影響が出ないか、妊娠中(妊婦)は放射能が排出されにくいことも知り、心配でなりません。

    妊娠中の蕁麻疹は放射能のせいなのか、出産後の体調不良は関係あるのか。。
    先日、人間ドックと甲状腺の検査をし、只今結果待ちです。

    たまに私はノイローゼなのか、おおげさなのか、とひとり悩みますが、強い気持ちをもってまだ本当に幼い我が子を護りたい気持ちでいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事