HOME > > 放射能汚染, 放射能被爆, 福島県 >

【修学旅行】やめてください!福島県への修学旅行誘致!!

9月4日付けのNHK首都圏のニュースによりますと、原発事故以来、修学旅行・合宿などで福島県を訪れる生徒が大幅に減っているため、福島県は関東地方の学校を中心に子どもたちの旅行を誘致する取り組みを始めたと伝えています。

その日、福島県の担当者は東京・文京区で開かれた都立高校の校長などが集まる校長会に参加し、福島県観光交流局長は、「福島県は平常にもどりつつあり、安心だということを保護者の方々に伝えてほしい。」「県内の放射線量は原発に近い一部の地域を除いては健康に影響のないレベルである。」と説明したとのこと。

東京都内に住む小学生の子供をもつ親たちは、林間学校で栃木県・日光に行くことも危険なので行き先を変更してほしいと必死に訴え、あちこちに働きかけています。それなのに、日光よりさらに原発に近いところに行かせるなんて…考えられません!!

校長会に参加された先生方は、どのように受け止められたのでしょう?校長先生方が現実をしっかり見て、何よりも子どもたちの健康を第一に考えて判断してくださることを願います!!

あなたがお子さん(お孫さん)を汚染地域の林間学校、修学旅行に行かせないようにしようとする時、一番の反対・障害となるのはだれですか?

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

One Response to 【修学旅行】やめてください!福島県への修学旅行誘致!!

  1. 橋本真澄 より:

    子供たちは放射能に敏感です。東京近郊だってホットスポットがあり、除染はされていない状態で毎日過ごしている子供たちをわざわざ福島へ被曝するために出向くのは常識から考えて無理な話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事