HOME > > 放射能汚染 >

【放射能汚染】日光は「汚染状況重点調査地域」です。林間学校へ行かせないでください。

今年も南関東の小・中学校の多くが、北関東への林間学校を行う予定のようです。

日光の放射線量・土壌測定結果(日光の真実)  によると

日光市は、ようやく今年度(平成24年4月)から国と協議の上、空間線量0.23μSv/hで除染を始めると発表したばかりです。
6・7月頃から幼、保、小、中、高校を中心に除染を始めるようですが、九億円強の除染費用です。こんな大規模な除染中に子ども達を日光に連れて行って良いわけがありません。何度も書きますが日光市は、「汚染状況重点調査地域」です。
風評被害を理由に日光市行政は被害者側にたった見解を示していますが、それにより二重三重の実被害を引き起こす恐れのある対応をしている事も認識していただきたいと思います。そうなれば、何にも知らない何の責任も無い子ども達が犠牲になるのです。

とのことです。

「汚染状況重点調査地域」とは環境省が定めた危険なエリアってことでしょ!
 (環境省のページはこちら

いろは坂駐車場、中禅寺湖、眠り猫(東照宮) 、華厳の滝駐車場って子供たちがうろうろ歩きまわるところですよ(整列して並んで点呼とったりします。)
その場所が4μSVとは!言葉になりません。ここの土壌を測ったら何ベクレルあるのでしょう。 

そこに子供たちを連れて行くのは犯罪ではないのでしょうか?除染基準もこれだけ差があるのが現実です。
川口市の除染基準値・・・0.23μSv/h 地上5cmでの測定値。
日光市の除染基準値・・・1μSv/h 地上1cmでの測定値。 

今、埼玉・被ばくから家族を守る会のママ達が子供たちの林間学校を日光から場所をかえてほしいという活動を行なっています。こんな汚染状況の場所に子供を行かせてはいけないのです!
埼玉県は南関東では、放射能防御に対して活発な県です。埼玉だけでなく東京、神奈川、千葉 などはもちろん、全国のママ・パパ達で応援してあげてください。来週には提出するそうです。

よろしくお願いします。

「修学旅行先(日光)変更に関する要望書」にご賛同ください

※日光の現状についての情報がございましたら、コメントにてお知らせください。内部被ばくを考える市民研究会を通じてさいたまのママたちへ伝えさせていただきます。

 

日光林間学校へ子供を行かせないために何ができると思いますか?(複数回答あり)

このアンケート結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

4 Responses to 【放射能汚染】日光は「汚染状況重点調査地域」です。林間学校へ行かせないでください。

  1. あおのり より:

    文科省の姿勢があれでは、差し迫った修学旅行を変更させることは難しいだろうと考えました。全員参加が、一番なのは当然ですが、お子さんご自身が、今後放射能とは戦えない、逃げる以外ないということを理解するきっかけになると思い、日光に行かない選択をできるように、親御さんが説明するという方法を選択しました。もう3.11前とは違います。仲間との思い出どころではない。

    • usagi より:

      そうですね。私も仲間との思い出どころではないと感じています。
      そういう中でも、家族の理解が得られないetcで悩んでいる人を応援するためにも署名に協力しました。
      今回の署名の結果はWatchしてゆきます。

  2. あっぷる家 旦那 より:

    日光修学旅行問題に関しては、根本となる問題が複雑に絡み合っています。
    この問題をすべて解決する事はまず無理でしょう。
    しかし、殆どの地域で一定の決まり事があります。
    皆さんもご存じの通り、修学旅行の行き先の決定権は各学校の校長先生にある事です。
    少なくとも私たちの住む川口市はそうですし、埼玉県内も全ての学校でそうであるはずです。
    それでは何をすればよいか?
    校長先生と真剣に真摯な態度で何度も話し合いの場を持つ事です。
    校長先生はその学校で教育者の長です。
    その責任ある立場の校長先生が教育者としてそして人間として子ども達の健康生命を脅かす恐れのある行動を積極的にする筈がありません。
    「そんな事信じられない!!」と思われる方も多いと思います。
    しかし、私たち保護者は信じる事から始めるしかないのです。
    初めから敵対視しての話し合いでは何も生まれないですし相手も壁を作ってしまいます。
    信憑性のあるデータを集め(出来るだけご自分で現地へ行き測定してくる事をお勧めします)
    それを示し丁寧に話をする事から始めてみて下さい。
    それともう一つ、keitousagiさんがデータを集めていますが、ご自分の子どもの尿検査を行ってください。出来るだけ被曝しないようにと、食事を気をつけている方は検出下限値を出来るだけ低い検査をお勧めします。ご自分の子どもの内部被曝の現実を数値化して、事実を正面から受け止め、そのデータを校長先生に見せて下さい。大切なことです。

  3. ちゃた より:

    日光修学旅行について現実を知らない保護者の方が殆どです。 行政や校長先生が真剣に向き合わないのも真実を知らない場合が多いのです。子どもたちが出来るだけ被曝しないしないように声をあげて下さい!!今からでも遅くありません。子どもたちは何も知らないのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事