HOME > > 放射能被爆 >

緊急時における「ヨウ素剤」服用について

<注意>ヨウ素剤服用とそのタイミングは、あくまでも自己責任になります。

MOX燃料(=プルトニウム)が使用されている福島第一原発三号機。

そこからモコモコ湯気が出てるとはアノ東電でさえ公表しています。プルトニウムが出す『アルファ線』の危険性は一切報道されぬまま。

不測の事態において、ヨウ素剤服用も考慮しても構わない状況下に入ってるのが・・・哀しいかな日本の現状です。

ヨウ素剤の副作用は主に「下痢」と言われています。

成人、幼児・小児での服用量はヨウ素剤処方医師からの説明か、ネット購入時の説明文を参考にされて下さい。

 

ヨウ素剤入手方法は

1)放射能被害について理解し知識のある医師から処方してもらう

2)インターネット通販を利用して購入する

この二点です。

インターネット通販で、ヨウ素剤は簡単に入手出来ます。

 

参考までに

「100ミリグラムのヨウ素剤投与した場合」

被曝24時間前投与で約70パーセント

被曝12時間前投与で約90パーセント

被曝直前投与で約97パーセント

被曝3時間後で約50パーセント

被曝6時間後では防止出来ない

と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

人気の記事